嫌なことを思い出させるものはどんどん捨てる

日々のあれこれ

なんだか毎日上手くいかない。そんな時期ってあると思います。

そんなとき、何かを「増やす」のではなく「減らす」ことがおすすめです。特に、モノを捨てるだけで気持ちがすっきりすることがあります。

ミニマリストになれということではなく、「捨てるとちょっといいことあるよ。特に嫌なことを思い出させるモノを捨てると最高だよ。」ということについてまとめていきます。

嫌なことを思い出させるものを捨てる

では具体的にどのようなものを捨てていけばいいのでしょうか。いくつか例を挙げていきます。

辛かった時期に読んでいた本、着ていた服

これはどんどん捨ててしまいましょう。本や服は「あとで買い直すことができる」という点で最も捨てやすいものの1つと言えます。

仕事用の服だからこそ、購入時高かったり、無難で便利だったり、勿体ないと思うかもしれません。しかし、それを着て良い気分にならないどころか毎度嫌なことを思い出すなら、そのものには何の価値もありません。

「あのお局に目をつけられないように買った地味な服だな」

「このスーツを着ていたプレゼンで怒鳴られたな」

そういうことを思い出したら、即ゴミ箱いきです。

あまり好きではない人からもらったもの

これも「モノに罪はないから」と使っている人が多いのではないでしょうか。しかし、これまた使う度にその人が自分の脳内に入ってくることとなります。

・昔仲良かったが、揉めてしまった友人からのプレゼント

・苦手な親戚から譲り受けたベビーグッズ

・辛い職場でもらった義理のお土産

・浮気した元カレと付き合っていた時に購入した下着

「嫌な気持ちになるもの」ではなく「良い気持ち、幸せな気持ちにならないもの」はすべて手放してしまいましょう。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥1,881 (2024/06/12 21:41時点 | 楽天市場調べ)

意外と困らない

捨ててしまったらあとで困るのではないか、と心配される方もいると思いますが、実際に困ることは殆どないので安心してください。

後で買い直したとしても、「不快な気持ちを捨てるための費用」と考えたらそう高くはないはずです。

また、人からもらったものなど「捨てたとばれたら気まずいのではないか」と思う方もいるかもしれません。しかし、頂き物を一生使い続けられる人は殆どいません。万が一聞かれたら、「気に入って使っていた結果、壊れてしまった」という方便も使えます。

なにより、そこまでしてその人との関係を続けたい理由は何なのか、と考えると気が楽になるかもしれません。

人生は短いです。

何かが上手くいかない、と思ったときはまず自分を幸せから遠ざけるグッズを捨ててみるのがおすすめです。